座頭市 関所破り 作品情報

ざとういちせきしょやぶり

“勝新”主演の座頭市シリーズ第9作目

座頭市は幼い頃の思い出を忘れかね、今は見えぬ目ながら初日の出を拝もうと妙義山に急いでいた。途中ふとしたことから新助と名乗る旅人から手紙をことづかり、笠間の宿の旅籠、むさしやの女中お仙に届けた。市はそこで行方知れずの父を訪ねる、お咲に会った。一方土地の親分甚兵衛は芸人たちの足元を見て、ショバ代を四分六で寄こせと難題を吹きかけてきた。宿の芸人達は怒ったが、代官、加島と結びついた二足わらじにはどうすることもできなかった。そんなある夜、むさしやに新助が舞いもどった。

「座頭市 関所破り」の解説

子母沢寛の原作を『外人墓地の決斗』の浅井昭三郎が脚色『外人墓地の決斗』の安田公義が監督した座頭市シリーズ第9作目撮影もコンビの本多省三。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督安田公義
原作子母沢寛
出演勝新太郎 高田美和 滝瑛子 平幹二朗 河野秋武 伊井友三郎 富田仲次郎 千波丈太郎 上田吉二郎
制作国 日本(1964)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「座頭市 関所破り」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:45:01

広告を非表示にするには