不良番長 猪の鹿お蝶 作品情報

ふりょうばんちょういのしかおちょう

梅宮辰夫主演、“不良番長”シリーズ第2弾

神坂の率いる不良グループは、新宿を根城に、悪事を働いていたが、暴力組織に殴り込みをかけたことから刑務所入りとなってしまった。それから5年。再び沙姿に出た神坂たちは、女を喰いものにする音楽舞踏研究所を開いた。彼らの目的はスカウトした女性を踊り子にしたてて海外に売りとばすことだった。ある日、神坂は、ゴーゴー喫茶の踊り子奈々子を引抜いたことから、住田組の福田や、関東挺身会の挑戦を受けた。度重なるいやがらせに発憤した神坂は、住田一家に乗りこんだが、バックの関東挺身会会長大場に、軽くあしらわれる始末だった…。

「不良番長 猪の鹿お蝶」の解説

凡天太郎の原作を『極悪坊主 人斬り数え唄』の山本英明と『不良番長』の松本功が、共同脚色し、同じく『不良番長』の野田幸男が監督したシリーズ第2作。撮影は同作品でコンビを組んだ山沢義一。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督野田幸男
出演梅宮辰夫 克美しげる 千葉真一 谷隼人 菅原文太 宮園純子 水島道太郎
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「不良番長 猪の鹿お蝶」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:44:59

広告を非表示にするには