日常恐怖劇場 オモヒノタマ~念珠~ 作品情報

にちじょうきょうふげきぎょうおもひのたまねんじゅ

日常に潜む些細な出来事が、9つの恐ろしい念を生み出すオムニバス・ホラー

壱ノ珠「念い」では、病弱な主婦、美樹(小島聖)の夫が行方不明になる。同じマンションに住む妊婦、博子は、美樹を心配し度々彼女を訪ねていた。そんな博子の周囲で、不気味な影が動きはじめる。死ノ珠「リアル」は、頭痛に悩む医師、東(加藤雅也)が奇妙なクスリを飲んだことから、恐ろしい幻覚を見るようになる。七ノ珠「ECHOES」では、孫を殺された老夫婦が、不思議な力で犯人を捜し出していく。そして苦ノ珠「マンション」では、どこにでもある団地の一室で、ある奇妙な家族が異常な緊張状態に晒されていた…。

「日常恐怖劇場 オモヒノタマ~念珠~」の解説

和製ホラーが世界で注目されるなか、改めてホラー映画の面白さを堪能できるオムニバス作品、『オモヒノタマ』。私たちが暮らす日常で、ふと隣を見ればそこにありそうな現実を土台に、思いがけない恐怖を描いていくユニークな9作品。一言でホラーと言っても、この9作は実にバラエティ豊か。『リング』や『呪怨』を思わせる壱ノ珠からはじまり、参ノ珠では話題のオレオレ詐欺が、怖さとともに一抹の哀愁を映し出す。

。死ノ珠で精神のコントロールを失わせるようなトリップ世界へ迎えられ、六ノ珠では江戸川に増殖したエドちゃんが驚愕の事件を引き起こしていく。9作を締めくくる苦ノ珠では、密室の緊張が物語の意外性を高め、これまでのエピソードを絡め合わせたエンディングへとつながっていく。数々の作品で特殊造形に携わってきた岡野正広監督が総監督を務め、内臓も踊るホラー・サーフィンへ連れて行ってくれる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年5月8日
キャスト 総監督岡野正広
出演小島聖 遠藤雅 瑛太 加藤雅也 金子貴俊 笑福亭松之助 オダギリジョー 光石研
配給 衛星劇場
制作国 日本(2004)
上映時間 88分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「日常恐怖劇場 オモヒノタマ~念珠~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:44:51

広告を非表示にするには