父と暮せば 感想・レビュー 4件

ちちとくらせば

総合評価5点、「父と暮せば」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-10-21

本・井上ひさしの舞台〈組曲虐殺〉を観劇していて黒木和雄監督のレクイエム・シリーズの三作目の本篇の事が頭を過った。場所や時代背景は違うものの戦争が人間にもたらすものの本質に触れて居るのでは無いか

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-10-20

井上ひさしの最期の戯曲〈組曲虐殺〉小松座の上演を観た。其の音楽劇のスタイリッシュなcomedyはプロレタリア作家・小林多喜二のレクイエム、チリの詩人ネルーダを取り締まる警察宜しく,追っ手をも虜にして仕舞うと云う小説家の姿に迫る

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-07-29

黒木和雄監督作品は10フィート運動でアメリカ政府アーカイブから買い戻して作ったドキュメント等で知った。其れは確か東京大空襲・焼かれた銀座の街並が撮し出されていた。本編は原爆投下の長崎を舞台に親子・父娘の絆を原田芳雄・宮沢りえの名演で見せてくれる。監督とは東京工芸大の日本映画レクチヤー で前に一度、お会いした事が有りました。

P.N.「リボン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2016-08-12

美しい娘・・・宮沢りえさんとすてきなお父さん・・・原田芳雄さん・・・ただし幽霊なんだけど。さすが黒木監督。原爆の恐ろしさ、悲惨さを、静かに描いています。深いです。

最終更新日:2020-09-16 14:20:12

広告を非表示にするには