ONE TAKE ONLY ワン・テイク・オンリー 作品情報

わんていくおんりー

タイの注目監督、オキサイド・パンが描く、バンコクのリアルな青春ストーリー

熱気に満ちたバンコクの街。女子学生のソムは、故郷の母親に仕送りするため、男たちに体を売って金を稼いでいる。ある日ソムは、顔見知りのバンが不良たちに襲撃されているのを目撃し、とっさに彼を助けた。それ以来、2人は急速に親しくなっていった。その頃、ドラッグの売人をするバンは、大口の取引で運び屋を務め大金を手に入れる。ソムとともに、ちょっとした贅沢を楽しむバン。やがて、さらに大きな取引を持ちかけられたバンは、ソムを仲間に入れて取引場所へ向かうのだが…。

「ONE TAKE ONLY ワン・テイク・オンリー」の解説

しがないドラック・ディーラーと、身体を売る女子学生。社会の正道からは少し離れて生きる若者の姿を描く本作は、オキサイド・パン監督が、『レイン』『BANKOK HAUNTED(未)』に続く、バンコク3部作として作り上げたインディペンデント作品。似たもの同士の2人が出会い、男女の絆、そして同志のような絆で結ばれていくけれど、その焦燥感は消えることはなく、最後まで、決して甘い夢を見せてはくれない。そんな現実感が、鮮やかでリズムのある映像で綴られる。

バンを演じるのは、『レイン』で耳の不自由なスナイパー役を務めたパワリット・モングコンビシット。前作で多くの女性ファンを獲得した彼が、今回、その声を聞かせてくれる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年3月27日
キャスト 監督オキサイド・パン
出演パワリット・モングコンビシット ワナチャダ・シワポーンチャイ
配給 バイオタイド
制作国 タイ(2001)
年齢制限 R-15
上映時間 90分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ONE TAKE ONLY ワン・テイク・オンリー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:44:27

広告を非表示にするには