どてらい男 作品情報

どてらいやつ

大阪の問屋町を舞台に、古参丁椎の仕打ちにも音を上げず商いの力をつけていく男を描いた根性喜劇

昭和10年、大阪の鉄と機械工具の問屋町にある前戸商店に、福井の在から2人の少年、山下猛造と尾坂幸夫が丁稚として入って来た。翌朝から一番番頭の竹田や古参丁稚にいじめられる猛造と尾坂。さらに商品は全て英語で書かれてあるために中学を出ていない2人は何かと馬鹿にされるのだった。その中で、店の一人娘弥生だけがやさしく、猛造は秘かに想いを寄せていた。やがて猛造と尾坂は弥生に英語を教えてもらい、彼女の助言で夜学にも通えるようになった。ある日、猛造は夜学の同級生芋井に連れられて待合いに行った…。

「どてらい男」の解説

大阪の問屋町を舞台に、古参丁椎の仕打ちにも音を上げず商いの力をつけていく男を描いた根性喜劇。原作は花登筐の同名小説。脚本は『超能力だよ全員集合!!』の田坂啓、監督は『ユートピア』の古沢憲吾、撮影は『喜劇 だましの仁義』の逢沢譲がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督古沢憲吾
原作花登筐
脚本田坂啓
音楽山本直純
出演西郷輝彦 田村亮 小柳ルミ子 日野麗子 津川雅彦 高橋昌也 曽我廼家明蝶 内藤武敏 田中邦衛
制作国 日本(1975)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「どてらい男」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:44:20

広告を非表示にするには