無頼 黒匕首 作品情報

ぶらいくろどす

藤田五郎の原作を映画化

藤川五郎は、義理だてのために、暴力組織の抗争に巻込まれ、恋人の由利を犠牲にしてしまった。それから数日、先輩三浦を訪ねた五郎は、彼の会社で働くことになった。五郎は、砂利現場で清々しい汗を流したが、立川にも暴力団武相会の手が伸び、三浦建材はしばしば脅されていた。ある日五郎は、現場で人命救助をしたが、自らも負傷してしまった。そんな五郎を、三浦の妹志津子は手厚く看護するのだった。その志津子もまた武相会の志下末雄につきまとわれていた。やがて、志津子は五郎に恋心を寄せるようになった。

「無頼 黒匕首」の解説

藤田五郎の原作“或る暴力図幹部のドキュメント「無頼」より”を、『無頼 人斬り五郎』の池上金男が脚色し、同作品でコンビを組んだ小沢啓一が監督したアクションもの。撮影も同じく高村倉太郎が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督小沢啓一
原作藤田五郎
出演渡哲也 松原智恵子 川地民夫 露口茂
制作国 日本(1968)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「無頼 黒匕首」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:44:20

広告を非表示にするには