コンフィデンス 作品情報

こんふぃでんす

グリフター(詐欺師)たちの華麗な手口。暗黒街の大物をカモに、最後に笑うのは誰か? 豪華キャストの演技が光る、ダマしのエンタテインメント!

詐欺師ジェイクは頭に銃を突きつけられていた。観念したかのようにジェイクは事のてん末を話しはじめる…。それはいつも通り、完璧な筋書きのハズだった。信頼できる3人の仲間と買収した2人の警官。しかし引っかけた相手がマズかった。男は暗黒街の大物、キングの金を運ぶ途中だったのだ。仲間の1人が死体で発見されると、ジェイクは逆にキングのもとに行き、「商談」を持ちかける。キングが指名した相手はマフィアの関係者。ジェイクは残った仲間たちと新たに加わった女スリのリリー、キングの手下ルーパスと計画を実行に移し始めるが…。

「コンフィデンス」の解説

グリフター(詐欺師)の手口を描いた名作と言えば、ポール・ニューマンとロバート・レッドフォード競演の痛快作『スティング』がまず浮かぶ。観客も「ダマされたあ!」とうなったエンディングだった。スティーヴン・フリアーズ監督の『グリフターズ詐欺師たち』は、犯行よりも彼らの愛憎劇に力点を置いた佳作。近年では豪華スター競演の『オーシャンズ11』も「ダマしの映画」だ。

こうしたグリフター・ムービーの見どころはその「ダマし」の手口だ。人を傷つけずに金を奪うそのプロフェッショナルさ。そしてカモだけでなく、いかにして観客も「フェアに」ダマすかにかかっている。この作品もよく練られた脚本で、ソツなく仕上がっているが、もっと1人ひとりのキャラクターを踏み込んでの演出が欲しかった。ただし短い出番の中でも、強い印象を残すダスティン・ホフマンはさすが。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年2月7日
キャスト 監督ジェームズ・フォーリー
出演ダスティン・ホフマン エドワード・バーンズ レイチェル・ワイズ アンディ・ガルシア ポール・ジャマッティ
配給 ギャガ=ヒューマックス
制作国 アメリカ(2002)
上映時間 97分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「コンフィデンス」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-02-27 00:01:01

広告を非表示にするには