激動の1750日 作品情報

げきどうのせんななひゃくごじゅうにち

日本最大の暴力組織の首領の座を巡っての約5年間にわたる抗争を描く

日本最強最大の暴力組織は、今かつてない危機を迎えていた。三代目・神田一政組長を失い、さらに四代目候補の若頭・山地辰一が急死。こうした相次ぐトップの死によって組は大きく動揺していた。そして、跡目が決まらぬまま一年がたった。直系組長89名が列席する神岡組定例幹部会、ここで川井が四代目に立候補を宣言する。古参グループは賛同したが、若頭・時津不在の会議は無効とし、山辰組二代目組長・若竹正則が異議を唱え、これを若手幹部の面々が強く支えた。

「激動の1750日」の解説

日本最大の暴力組織の首領の座を巡っての約5年間にわたる抗争を描く。志茂田景樹原作「首領を継ぐのは俺だ」の映画化で、脚本・監督は『女帝 春日局』の中島貞夫。共同脚本は村尾昭と大津一瑯。撮影は『新・童貞物語 ホンコンバージンボーイ』の佐々木原保志がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督中島貞夫
出演中井貴一 中条きよし 加藤昌也 有森也実 中尾彬 品川隆二 清水健太郎 誠直也 本田博太郎
制作国 日本(1990)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「激動の1750日」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-09-25 14:38:41

広告を非表示にするには