男はつらいよ 花も嵐も寅次郎 作品情報

おとこはつらいよはなもあらしもとらじろう

シリーズ30作目は、恋の仲立ちをする寅次郎を描く

大分は湯平温泉でバイをする寅は、馴染みの湯平荘に宿をとった。夜、寅と宿の親父、勝三が酒を飲んでいると、そこへ、ひとりの青年が現れた。三郎というその青年は、かつて、この宿で女中をしていた女性の息子で、その母がひと月ほど前に病死し、遺骨を埋めにこの地にやって来たという。勝三は美しい三郎の母親を覚えており、彼の親孝行に感心した寅は、さっそく昔の知り合いを集め、供養をしてやる。同じ宿に泊り合わせていた、東京のデパートに勤めている旅行中の螢子とゆかりという2人の娘も、寅はその席に座らせてしまう。

「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」の解説

旅先で知り合った青年と娘の恋の仲立ちをする寅次郎の姿を描く。脚本は『男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋』の山田洋次と同作の朝間義隆の共同執筆、監督も同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・原作・脚本山田洋次
脚本朝間義隆
音楽山本直純
出演渥美清 倍賞千恵子 田中裕子 沢田研二 下絛正巳 三崎千恵子 前田吟 太宰久雄 佐藤蛾次郎 吉岡秀隆
制作国 日本(1982)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-14 11:09:51

広告を非表示にするには