ヘブン・アンド・アース 作品情報

へぶんあんどあーす

遥か1400年の昔、中国大陸に男たちの魂がほとばしる。熱く切ない歴史大作。

遣唐使として海を渡った来栖(中井貴一)は、唐王朝直属の刺客として皇帝に仕えていた。来栖は、将軍の娘、文珠を長安まで送り届ける途中、帰国を条件に最後の仕事を命じられる。それは、命令に背いた元軍人、李(チアン・ウェン)の殺害。李は、皇帝に贈られた経典を運ぶキャラバンの護衛をしており、来栖は荷が無事に長安に着くまで勝負を中断する。砂漠の道を進む一行に、盗賊団とトルコ族が次々と襲いかかり、過酷な旅を続けるうちに、来栖と李の間には深い信頼が生まれていく。

「ヘブン・アンド・アース」の解説

歴史の授業から遠のいて長い人たちは、遣唐使と聞いて思い浮かぶのは「白紙に戻す」の年号暗記くらいだろうか。中国の黒澤明と呼ばれるフー・ピン監督が映画にしたのは、遥かなるシルクロードを舞台に、ひとりの遣唐使と元軍人の戦いのドラマ。果てしなく続く砂漠に、天命と運命に惑わされた男たちを描く。

李隊長を演じるチアン・ウェンは、さすがの貫禄で、重厚感たっぷり。また、故郷・日本に思いを馳せる遣唐使、来栖を演じる中井貴一は、撮影のために単身中国へ渡り、言葉の壁を越えて渾身の演技を見せた。砂漠の戦闘シーンも迫力満点だが、特にウェンと中井の一騎打ちは、鋭い緊張感に満ちている。過酷な旅や男たちの葛藤など、魅力的なドラマの中で彼らの激しい生き様にロマンを感じることが出来るだろう。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年2月21日
キャスト 監督フー・ピン
出演チアン・ウェン 中井貴一 ヴィッキー・チャオ ワン・シュエチー
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国 中国(2003)
上映時間 118分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ヘブン・アンド・アース」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:43:49

広告を非表示にするには