三代目襲名 作品情報

さんだいめしゅうめい

『山口組三代目』の続篇。戦中、戦後の混乱期を背景に描かれる、任侠もの

昭和12年2月、山口組若衆・田岡一雄は、二代目・山口登に反抗した大長八郎を殺害、8年の刑を宣告され京都刑務所に服した。昭和15年7月、山口登は、興行のもつれから、東京・浅草で下関の荒政組関東支部の謀略にかかり、瀕死の傷を負って入院し、かけつけた舎弟分の古川松太郎、森川盛之助らに「田岡を三代目に」と話した。(山口登はこの傷が原因で後に死亡した)。昭和18年、皇記2600年の恩赦により、田岡は出所、山口組の跡目は田岡に、という二代目の遺言を伝えられた。

「三代目襲名」の解説

『山口組三代目』の続篇。前作で兄弟分を斬った田岡一雄が刑期を務め、出所後三代目襲名という名実ともに山口組の頂点に立つまでを、戦中、戦後の混乱期を背景に描く。原作は「実録山口組三代目・田岡一雄自伝」。脚本は『仁義なき戦い 完結篇』の高田宏治、監督は『極悪拳法』の小沢茂弘、撮影は『ルバング島の奇跡 陸軍中野学校』の仲沢半次郎がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督小沢茂弘
原作田岡一雄
脚本高田宏治
出演高倉健 松尾嘉代 河合絃司 田島義文 大木実 南利明 唐沢民賢 待田京介 安藤昇
制作国 日本(1974)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「三代目襲名」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-06 13:46:24

広告を非表示にするには