ドッグヴィル 作品情報

どっぐぶぃる

美しき囚われ人が暴く傲慢と偽善の物語

山あいの小さな村ドッグヴィルにひとりの女・グレース(ニコール・キッドマン)が逃げ込んでくる。どうやらギャングに追われているらしい。村一番のインテリを自負し、人々を正しく導くことに情熱を燃やすトム(ポール・ベタニー)は、素性の知れない彼女をかくまうことを住民たちに提案する。グレースを受け入れる条件は、2週間で彼女が村人全員から気に入られること。閉鎖的な人々と打ち解けようと、グレースは肉体労働を申し出て必死に尽し始める…。

「ドッグヴィル」の解説

ある種の不快感や痛々しさを強烈に印象づけながら人間の本性を撮り続けるラース・フォン・トリアーの新作は、ブレヒト作「三文オペラ」第一幕で歌われる、虐げられ、蔑まれてきたヒロインが復讐を果たす“海賊ジェニー”に着想を得た物語だ。他人を受け入れる、あるいは、許すという行為には、自分が圧倒的に善の立場にあるという勘違いや、無意識に相手を蔑む傲慢さが潜んでいるのかもしれない。

カンヌ映画祭でも話題を呼んだ、黒い床にチョークで線を引いただけの斬新な装置は、そのシンプルさゆえに、善良さという仮面が剥がされた後の、人々の動揺、怒り、憎悪、そして暴力性を残酷なほどストレートに浮かび上がらせる。中でもキッドマンの凄まじい変貌ぶりは圧巻で、胸がすくほどだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年2月21日
キャスト 監督・脚本ラース・フォン・トリアー
出演ニコール・キッドマン ポール・ベタニー クロエ・セヴィニー ローレン・バコール ジェームズ・カーン パトリシア・クラークソン
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
制作国 デンマーク(2003)
年齢制限 R-15
上映時間 177分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ドッグヴィル」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:43:41

広告を非表示にするには