カミナリ走ル夏-雷光疾走ル夏- 作品情報

かみなりはしるなつ

塚本高史ファンはもうたまらない! 無気力なイマドキ青年が現状をブチ破るため疾走する青春ムービー

千葉県のとあるバッティングセンターで、のらりくらりとアルバイトをしている雷(らい)。そんなある日、常連客の男に文句を言われた雷は、男と援助交際している女子高生・夏生や店長達の前で突然ブチ切れ、男をバットで殴り倒してしまう。たまたま外に停まっていた車に飛び乗る雷だったが、なぜか夏生が追ってきて一緒に乗り込んだ。2人の無軌道な逃避行が始まった。しかしこの車に異常な愛情を寄せる持ち主のヤクザに、執拗に追われ…。

「カミナリ走ル夏-雷光疾走ル夏-」の解説

青春映画でありながら本作が他と違うのは、「失われてしまった過去の青春を取り戻す」という設定。雷に扮した塚本高史の、移り変わる表情が見どころだ。寂れたバッティングセンターで、毎日惰性で働く感情のない暗い顔。男を殺さんばかりに殴る時も無表情なままだ。やがて夏生と少しずつ心を通わせると、途端に優しい色が見え始める。そして自分のやるべきことを見つけてからの、燃えるような情熱をたぎらせた瞳…。ファンならずともこの寡黙な主人公にいつしか感情移入してしまうはず。

また、圧倒的な存在感と強烈な個性でヤクザを演じているのは渡辺一志。弱冠23歳で初の劇場公開作『19』を脚本・監督・出演した彼は、本作でも脚本を担当している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年12月13日
キャスト 監督丹野雅仁
脚本・出演渡辺一志
出演塚本高史 伴杏里 千原浩史 小木茂光
配給 日本出版販売
制作国 日本(2003)
上映時間 88分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「カミナリ走ル夏-雷光疾走ル夏-」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:43:38

広告を非表示にするには