貞子 作品情報

さだこ

病院で心理カウンセラーとして働く秋川茉優(池田エライザ)は、ある日、警察によって保護されたひとりの少女(姫嶋ひめか)を担当することになるが、彼女は一切の記憶をなくし、自分の名前すら言えなかった。やがて、その少女は、1週間前に公営団地で起きた放火事件の犯人・祖父江(ともさかりえ)が人知れず生み育てていた子供であることが判明。少女と真摯に向き合う茉優だったが、次第に彼女の周囲で奇妙な出来事が起こり始めるのだった……。一方、WEBマーケティング会社に勤める石田祐介(塚本高史)の薦めで、動画クリエイターとなった茉優の弟・和真(清水尋也)は、再生回数の獲得に焦るあまり、心霊動画を撮影しようとその団地の火災跡に忍び込む。だが、動画アップ後、彼は行方不明となってしまう。そんななか、茉優は拡散された動画を探し出し再生すると、和真の背後に長い髪の女が立っていて……。

「貞子」の解説

人気ホラー「リング」シリーズに登場する貞子が巻き起こす新たな恐怖を映し出す中田秀夫監督作。心理カウンセラーの茉優は、ある日、記憶喪失の少女を担当することになるが、彼女は1週間前に発生した放火事件の犯人・祖父江が人知れず生み育てていた子供だった。出演は「ルームロンダリング」の池田エライザ、「アウトレイジ」の塚本高史、「ソロモンの偽証」の清水尋也。原作は、鈴木光司の『タイド』。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年5月24日
キャスト 監督中田秀夫
原作鈴木光司
出演池田エライザ 塚本高史 清水尋也 姫嶋ひめか 桐山漣 ともさかりえ 佐藤仁美
配給 KADOKAWA
制作国 日本(2019)
上映時間 99分

(C)2019「貞子」製作委員会

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:2.67点★★☆☆☆、9件の投稿があります。

P.N.「なまけ者」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2019-08-07

ホラー映画なので決心をして見に行ったがあまり怖くは無かった。つまり誰でも楽しめることができる計算された映画だということが分かった。シリーズもので前作などは見ていなかったが物語はとても分かりやすく理解することが出来た。そして、貞子の呪いの恐怖。そしてラストにはあの人も呪いに…現代社会に通じるテーマでとても良かったと思う。

最終更新日:2024-05-28 10:51:52

広告を非表示にするには