ええじゃないか 作品情報

ええじゃないか

東両国界隈に生きた下層庶民のバイタリティ溢れる生活を描く

慶応2年、日本は激動期の真只中にあった。源次はそんな江戸へ6年ぶりにアメリカから帰って来た。源次は横浜港沖で生糸の運搬作業中に難破し、アメリカ船に救けられ渡ったのだ。その間、妻のイネは、病身の父に売られ、現在、東両国のストリップ劇場で出演している。源次はなんとかイネを発見、6年ぶりの再会に2人は抱きあった。見せ物小屋の立ち並ぶ東両国は、芸人、スリ、乞食、ポン引きなどアブレ者の吹き溜り。源次は三次、ゴン、孫七、卯之吉、旗本くずれの古川など、したたかな連中に混ってそこに居ついてしまう。

「ええじゃないか」の解説

江戸時代末期に発生したええじゃないか騒動や百姓一揆など騒然とした世相を背景に江戸東両国界隈に生きた下層庶民のバイタリティ溢れる生活を描く。脚本は『復讐するは我にあり』の今村昌平と宮本研の共同執筆、監督も同作の今村昌平、撮影も同作の姫田真佐久がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・原作・脚本今村昌平
脚本宮本研
出演桃井かおり 泉谷しげる 緒形拳 露口茂 草刈正雄 樋浦勉 丹古母鬼馬二 火野正平 野口雅弘 倍賞美津子
制作国 日本(1981)

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ええじゃないか」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-04-14 19:15:48

広告を非表示にするには