八百万石に挑む男 作品情報

はっぴゃくまんごくにいどむおとこ

中川信夫監督が描く異色ドラマ

東海道は金谷の宿場。賭場で負け続けの若者が懐中から短刀を出した。用人棒の赤川大膳の眼が光ったのも道理、紀州家に伝わる家宝の品である。大膳は仲間の藤井左京とその出所を追求するが、若者はさらにお墨付を出して将軍吉宗の落胤だといった。本人の真疑はさておき、短刀とお墨付は本物と睨んだ左京は、美濃の国常楽院の伯父天忠の許へ若者を伴った。話はこの若者宝沢が紀州の永寿寺にいた昔に遡る。当時13歳の宝沢は幼い頃、祖母から短刀と手紙を見せられた記憶がある…。

「八百万石に挑む男」の解説

『南の風と波』の橋本忍の脚本を『「粘土のお面」より かあちゃん』の中川信夫が監督した天一坊をめぐる異色ドラマ。撮影は『はやぶさ大名』の三木滋人。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督中川信夫
脚本橋本忍
出演市川右太衛門 中村賀津雄 桜町弘子 河原崎長一郎 水島道太郎 仲谷昇 徳大寺伸
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「八百万石に挑む男」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:43:09

広告を非表示にするには