切腹 作品情報

せっぷく

滝口康彦原作「異聞浪人記」を映画化

切腹のイメージ画像1

寛永7年10月、井伊家上屋敷に津雲半四郎と名乗る浪人が訪れた。「切腹のためにお庭拝借…」との申し出を受けた家老斎藤勘解由は、春先、同じ用件で来た千々岩求女なる者の話をした。窮迫した浪人者が切腹すると称してなにがしかの金品を得て帰る最近の流行を苦々しく思っていた勘解由が、切腹の場をしつらえてやると求女は「一両日待ってくれ」と狼狽したばかりか、刀は竹光を差しているていたらくで舌かみ切って無惨な最後をとげたと。静かに聞き終った半四郎が語りだした。求女とは半四郎の娘美保の婿で、主君に殉死した親友の忘れ形見でもあった…。

「切腹」の解説

サンデー毎日大衆文芸賞入選作として、昭和33年10月号の同誌上に発表された滝口康彦原作「異聞浪人記」より『八百万石に挑む男』の橋本忍が脚色、『からみ合い』の小林正樹が監督した異色時代劇。撮影は『お吟さま(1962)』の宮島義男。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督小林正樹
出演仲代達矢 岩下志麻 石浜朗 稲葉義男 三國連太郎 三島雅夫 丹波哲郎 中谷一郎 青木義朗 井川比佐志
制作国 日本(1962)

(C)1962 松竹株式会社

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「切腹」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-12-02 18:41:06

広告を非表示にするには