河内カルメン 作品情報

かわちかるめん

独特の清順ワールドが展開

河内のドン百姓勇造の娘麗子は、美しく豊かな肉体で村中の男を悩殺していた。中でも刷毛工場の息子で大学生の彰は、露子に夢中であったが、露子もまた彰に強く魅かれていた。が、村祭の夜、悪童らに処女を奪われ、母のきくが悪坊主良巌坊と関係するのを見た露子は、家出同然に大阪にとび出した。さて大阪に出た露子は同級生雪江の世話でバーに勤めた。いやらしい沢山の男の中で、同郷人だという勘造は露子に惣れこみ、露子のアパートに同居した。そのうち露子は鹿島洋子の誘いでフアッションモデルとして生計をたてることになった。

「河内カルメン」の解説

今東光の原作を、『四つの恋の物語(1966)』の三木克巳が脚色、『刺青一代』の鈴木清順が監督した風俗もの。撮影は『三匹の野良犬』の峰重義。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督鈴木清順
出演野川由美子 伊藤るり子 宮城千賀子 日野道夫 和田浩治 大辻伺郎 川地民夫 桑山正一 嵯峨善兵 松尾嘉代
制作国 日本(1966)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「河内カルメン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-02 00:01:08

広告を非表示にするには