仁義なき戦い・完結篇 作品情報

じんぎなきたたかいかんけつへん

“仁義”シリーズ完結篇

警察の“頂上作戦”で幹部連中が大量に検挙された後、大友組が勢力を回復、広島やくざ組織は、山守組、打本会、大友組の三巴の対立となっていた。だが、彼らは警察の目を欺くために山守義雄を会長に、傘下の武田組、江田組、早川組(元打本会)、大友紙、呉の槙原組、さらに徳山、福山など近郊都市の組織までも大同団結させて、政治結社「天政会」を発足させた。昭和41年春。天政会々長の二代目を継いだ武田明は、警察の取締りに対処し、会の再建強化を図るが、反主流派の大友、早川らの反発にあう。

「仁義なき戦い・完結篇」の解説

「仁義なき戦い」シリーズ第5部・完結篇。警察の“頂上作戦”で一応終息したかにみえた広島やくざ抗争は、服役していた組長・幹部などの出所をきっかけに、組織の再編成にともなう流血の縄張り争いを再然させた。脚本は『ザ・カラテ』の高田宏治、監督は『仁義なき戦い 頂上作戦』の深作欣二、撮影は『殺人拳・2』の吉田貞次がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督深作欣二 皆川隆之
原作飯干晃一
出演菅原文太 伊吹吾郎 野口貴史 寺田誠 桜木健一 松方弘樹 唐沢民賢 白川浩三郎 小林旭 北大路欣也
制作国 日本(1974)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「仁義なき戦い・完結篇」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-12-04 14:52:36

広告を非表示にするには