日本女侠伝 侠客芸者 作品情報

にほんじょきょうでんきょうきゃくげきしゃ

藤純子主演、「日本女侠伝」シリーズ1作目

石炭ブームにわく、明治末期の博多。馬賊芸者と評判高い信次は、男まさりの気っぷと度胸が人気のマトだった。そんな信次に惚れる鉱業会社々長の大須賀は、土地のやくざの親分万場安次郎と手を組み、九州一の炭坑主にのし上がろうとしていた。ある日、料亭に遊びに来た花田炭坑の人夫たちを迎えに来た納屋頭の島田清吉に会った信次は、好意を抱いた。一方花田炭坑をぜひとも手に入れようとする大須賀は、執拗に清吉を口説くが、先代に恩義を感じている清吉は、ガンとして聞き入れない。

「日本女侠伝 侠客芸者」の解説

『緋牡丹博徒 一宿一飯』の野上龍雄が脚本を書き、『おんな刺客卍』の山下耕作が監督したシリーズ第一作。撮影は『懲役三兄弟』の鈴木重平が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督山下耕作
出演藤純子 桜町弘子 三島ゆり子 時美沙 原良子 大里ひろ子 榊浩子 正司花江 利根はる恵 岡田千代
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「日本女侠伝 侠客芸者」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:42:56

広告を非表示にするには