博徒外人部隊 作品情報

ばくとがいじんぶたい

沖縄を舞台に暴力組織の対立を描く、深作欣二監督作品

横浜の元浜村組代貸郡司益夫が、10年ぶりに出所した時ハマはすっかり変ってしまった。昔のやくざたちは影をひそめ、東京から伸してきた大東会だけが堅気づらをして、港湾荷役の仕事を仕切っていた。かつてハマには浜村組と港北会の2つの縄張りがあったが大東会会長の大場は、2つの組を巧みに対立させて潰してしまった。郡司が10年の刑を受けたのも、浜村組々長を射殺した港北会に単身殴りこんで、組長を刺殺したためだった。大場のもとに出所の挨拶に出向いた郡司は500万をユスリ取った。彼はこの金を軍資金にして、沖縄での新しい縄張りを築こうと考えていた。

「博徒外人部隊」の解説

刑務所を出所したヤクザが、新天地を求めて沖縄に渡り、そこでの既存の暴力組織との対立を描く。脚本は『やくざ刑事 マリファナ密売組織』の神波史男と松田寛夫。監督は脚本にも参加している深作欣二。撮影は『ずべ公番長 夢は夜ひらく』の仲沢半次郎がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・脚本深作欣二
出演鶴田浩二 小池朝雄 室田日出男 曽根晴美 渡瀬恒彦 由利徹 安藤昇 若山富三郎 今井健二 山本麟一
制作国 日本(1971)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「博徒外人部隊」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-15 11:09:00

広告を非表示にするには