リクルート 作品情報

りくるーと

信じられるものは自分か愛か、それとも…? 真実に仕掛けられた、衝撃のサスペンス

リクルートのイメージ画像1

名門工科大の学生、ジェームズ(コリン・ファレル)は、CIAの首席教官であるバーク(アル・パチーノ)にリクルートされる。ジェームズは、父の死の謎がCIAにあることを知り、この申し出を受けた。特別施設に集められたジェームズたちは、過酷な現場訓練と心理操作を叩き込まれていく。やがて彼は、訓練生のレイラと心を通わせるが、バークの仕組んだ拷問に屈したため訓練から外された。これは、ジェームズを秘密工作員に仕立てる偽装。そして最初の任務は、二重スパイの容疑がかかるレイラの監視だった。

「リクルート」の解説

興奮するスパイ映画は多々あれど、本作は、スパイ養成の時点から、いやスパイへの勧誘の時点からハラハラさせられる、徹底的なサスペンス。秀才のジェームズとベテラン教官バークの出会いから、何を信じていいのかわからないスリルに満ちている。果たして、CIAの新人採用はどのように行われているのか? 秘密工作員はどんな風に育てられるのか? 現実には、映画の中に登場する特別訓練所「ファーム」の存在も、その中身も明確にされていないが、『リクルート』では、これまでベールに隠されてきたエージェントの訓練施設を、CIAの全面的な協力のもとリアルに映し出している。

幾重にも仕掛けられたトリックを潜り抜けるのは誰か? 役者たちの間にも緊張感が張り詰めている。特に、ベテランの風格で隙なく行動していくアル・パチーノ、惑わされながらも鋭い勘を発揮していくコリン・ファレルという図式は、ストーリーの上でも演技の上でも効果的に表されていたようだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年1月17日
キャスト 監督ロジャー・ドナルドソン
出演アル・パチーノ コリン・ファレル ブリジット・モイナハン ガブリエル・マクト
配給 ブエナ ビスタ インターナショナル(ジャパン)
制作国 アメリカ(2003)
上映時間 115分

(C)2002 Touchstone Pictures&Spyglass Entertainment Group,L.P. All Rights Reserved.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「PineWood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-03-02

諜報活動のサスペンスフルな展開と愛の駆け引きはアルフレッド・ヒッチコック監督作品を連想させる…。ミッションを与えるアル・パチーノも老獪!!リクルートの狙いがロールプレイなのか、はたまた現実なのか何とも解らない恐怖…。秀逸なのは監視カメラの空隙を縫って為されたキスシーンのパッション♪これはヒッチコックの泥棒成金等のキスシーンにも並ぶかも。

最終更新日:2020-08-12 13:25:09

広告を非表示にするには