関東緋桜一家 作品情報

かんとうひざくらいっか

藤純子(現:富司純子)、引退記念映画

明治末頃、柳橋一帯の町内頭で鳶「に組」の副組頭の河岸政の娘・芸者鶴次はその美貌と男まさりの侠気と、幼い頃から呑竜という北辰一刀流の達人で講釈師から学んだ剣術で評判を呼んでいた。鶴次には「に組」の組頭吉五郎の一人息子である纒持信三という末を誓い合った男がいたが、信三は彼女に酔ってからんだヤクザ数人と乱斗し、その中の一人をあやめてしまったことから旅に出てしまった。その頃、日本橋の博徒新堀一家の客分である、刑事くずれの博徒鬼鉄が、柳橋で賭場を開くようになる。

「関東緋桜一家」の解説

藤純子の引退への花道を飾る任侠オールスター大作。脚本は『任侠列伝 男』の笠原和夫。監督は『日本やくざ伝 総長への道』のマキノ雅弘。撮影も『任侠列伝 男』のわし尾元也がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督マキノ雅弘
出演藤純子 高倉健 鶴田浩二 若山富三郎 菅原文太 水島道太郎 木暮実千代 待田京介 伊吹吾郎 渡瀬恒彦
制作国 日本(1972)

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「関東緋桜一家」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-12-01 00:01:02

広告を非表示にするには