四谷怪談('59) 作品情報

よつやかいだん

言わずと知れた、夏の怪談の定番!

民谷伊右衛門は内職でやっと生活していた。作事方組頭伊藤喜兵衛を訪ねた帰途、悪旗本にからまれた武家娘と乳母を救った。助けた娘は喜兵衛の娘お梅だった。喜兵衛は伊右衛門を愛想よく遇した。恥じらいながらも、お梅は彼に迫った。伊右衛門の悪友秋山、直助らは何とかお梅と伊右衛門を結びつけたかった。流産後の不養生のせい身体をこわしたお岩に直助が伊右衛門からのことずけと、薬をとどけた。。すぐさまそれをのんだ時、お岩の身体に激痛が走った…。

「四谷怪談('59)」の解説

『千羽鶴秘帖』のコンビ八尋不二が脚本を書き、三隅研次が監督したおなじみの怪談もの。撮影は『山田長政 王者の剣』の牧田行正。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督三隅研次
脚本八尋不二
出演長谷川一夫 中田康子 鶴見丈二 近藤美恵子 浦路洋子 村田知栄子 村田知英子 林成年 高松英郎 荒木忍 杉山昌三九
制作国 日本(1959)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「四谷怪談('59)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:42:17

広告を非表示にするには