ロボコン 作品情報

ろぼこん

汗も泥もないけれど、熱い気持ちになる! ロボットにかける理数系高専生たちの青春映画

里美(長澤まさみ)は、「めんどくさい」が口癖の高等専門学生。居残り確実の里美に、担任が提案した引換条件は、第2ロボット部に入ってコンテストに出場すること。メンバーは、エリート軍団の第1ロボット部からはみだした3人。気弱で統率力のない四谷部長(伊藤淳史)、協調性ゼロの天才設計者、相田(小栗旬)、技術はピカイチでもユーレイ部員の竹内(塚本高史)。嫌々参加したはずの里美だが、試合に負けても気にしない部員たちを見て、根っからの負けず嫌いに火がついた!

「ロボコン」の解説

ロボコン=ロボットコンテストは、全国に62校ある高等専門学生にとって、華やかな戦いのフィールド。スポ根と言ったって、なにも体力ばかりが主役じゃない! 見た目はちょっぴり地味だけど、頭脳と器用さを使って機械に情熱を燃やす姿は、やっぱり熱いドラマなのだ! そんな青春映画が『ロボコン』。デビュー以来、瑞々しい物語をストレートに語ってきた古厩智之監督が、何かをやり遂げることの素晴らしさを真っ直ぐに謳ってくれる爽やかな作品。

まずは、こんな競技があったの? と驚き、優勝を目指して日夜アイデアを膨らませる学生たちの存在に驚かされる。そんな高専の学生たちを代表し、ロボコンに挑戦する第2ロボット部員を演じるのは、テレビに映画に活躍中の若手俳優たち。それぞれの持ち味を存分に活かした自由で素直な演技がキラキラと輝いて、「これが青春だ!」と素直に笑えるはず。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年9月13日
キャスト 監督・脚本古厩智之
出演長澤まさみ 小栗旬 伊藤淳史 塚本高史 鈴木一真 須藤理彩
配給 東宝
制作国 日本(2003)
上映時間 118分

(C)2003 「ロボコン」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ロボコン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-03-31 16:00:08

広告を非表示にするには