ぼくの孫悟空 作品情報

ぼくのそんごくう

手塚治虫の名作が劇場版として登場! 誰もが親しんだ「西遊記」がスクリーンに甦る!

巨大な光とともに森を襲った花果山の石から、一匹の猿が生まれた。恐れを知らない石猿は群れの王様となり、仙術を学んだ修行先で、“孫悟空”の名を与えられた。ところが、調子に乗りすぎた孫悟空は、天上界で大暴れ。ついに、釈迦の手によって五行山に閉じ込められてしまう。長い年月が経ち、五行山に三蔵法師がたどり着いた。三蔵に自由を与えられた悟空は、代わりに天竺への旅の共をすることに。しかし、行く手には恐ろしい妖怪たちとの戦いが待ち受けていた。

「ぼくの孫悟空」の解説

日本人にも馴染みの深い「西遊記」。子供の頃本で読んだ人、テレビシリーズにハマった人、孫悟空の名前を聞けば、誰もが旅の一行の姿を思い描くことができるはず。あの手塚治虫もまた、「西遊記」をこよなく愛し、「ぼくのそんごくう」「悟空の大冒険」などの漫画、アニメを作り出してきた。「ぼくのそんごくう」を基に、手塚プロダクションが総力を挙げて生み出した作品が、この劇場版アニメーションだ。

親しみやすいキャラクターたちの絵も魅力だが、優香や今井絵里子といった旬の若手が声の出演を務め、フレッシュで元気のいいドラマに仕上がっている。今年は、アトム生誕の年。手塚治虫ワールドを彩る愛と勇気、大切なものを探す旅が、画面いっぱいに、伸びやかに描き出される様子を堪能したい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年7月12日
キャスト 監督杉野昭夫 吉村文宏
原作手塚治虫
脚本夢枕獏
声の出演優香 森田順平 大塚明夫 鈴木ヒロミツ 今井絵理子 納谷六朗
配給 松竹
制作国 日本(2003)
上映時間 94分

(C)手塚プロダクション/アールビバン

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ぼくの孫悟空」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-09-16 14:20:12

広告を非表示にするには