ゲロッパ! 作品情報

げろっぱ

ファンキー親分がシャバに残したソウル魂! 井筒和幸監督のハートウォーミング・コメディ

ヤクザ組長の羽原(西田敏行)は、刑務所収監を控え、大好きなジェームズ・ブラウンの名古屋公演に行けなくなってしまった。気落ちして「組を解散する」と言い出す羽原を見て、弟分の金山(岸部一徳)は、子分に「ジェームズ・ブラウンをさらって来い」と、突拍子もない命令を下す。名古屋に向かった子分たちは、早速JBらしき人物を捕まえた。一方羽原は、25年前に生き別れた娘、かおり(常盤貴子)に会いに行く。イベント会社を運営するかおりは、物まねショーの営業で愛知に出かけていた。

「ゲロッパ!」の解説

他人の作った映画をボロクソに叩く井筒監督、果たして自分の作品は…? と、興味津々の新作は、笑顔と涙が自然にこぼれるソウルフルな物語。タイトルの「ゲロッパ!」は、70年代ファンク・ミュージックの帝王、ジェームズ・ブラウンの名曲「セックス・マシーン」の歌詞にある「Get up!」を日本語らしく読んだもの。JBに憧れる大阪のコテコテなオヤジさんが、もしもヤクザの親分だったら…そんなユニークな発想が、このとんでもない物語を軽快に進めていく。

これまでも、『岸和田少年愚連隊』『のど自慢』など、大衆のエンターテイメントに深く探りを入れて生きた井筒監督が、今回描くのは物まねショー。地方営業独特の、チープなのにオモロイ、市井の感覚がたっぷりと詰め込まれていて、万人が共感できるはず。ちょっと強引? というところもあるけれど、これぞ井筒流ファンク精神として納得でき、超豪華なキャストの出演も大いに楽しめる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年8月16日
キャスト 監督井筒和幸
出演西田敏行 常盤貴子 山本太郎 岸部一徳
配給 シネカノン
制作国 日本(2003)
上映時間 112分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ゲロッパ!」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-20 14:22:34

広告を非表示にするには