NARC/ナーク 作品情報

なーく

麻薬潜入捜査官の世界を描いたポリス・ムービー。トム・クルーズが内容に惚れ込み、製作総指揮を務めている

麻薬捜査官テリスは、潜入捜査中、子どもを人質にして逃亡を図った犯人を撃つ。弾は犯人に命中したが、そばにいた子どもの母親も被弾してしまう。18カ月後、停職中の彼は諮問委員会に呼び出され、復職を条件に麻薬捜査官の殺害事件の捜査を命じられる。一度は断ったテリスだが、死んだ刑事カルベスの家族の写真を見て心が動く。彼はカルベスの元相棒オークの力を借りて、真相を究明しようとするが、そこには意外な事実が隠されていた。

「NARC/ナーク」の解説

「NARC」とは米俗語で、麻薬捜査官、密告者などという意味。犯人探しのミステリーとしても、また彼らの暮らす世界を見つめた人間ドラマとしても充実した意欲作だ。紋切り型の善悪が存在せず、自分の中に複雑な葛藤を抱え込む捜査官たちの姿は見ていて切ない。新鋭ジョン・カーナハンの演出が冴えている。主演のジェイソン・パトリックは、家庭と仕事の間にゆれる捜査官を好演。また、今までアクの強い傍役を得意としていたレイ・リオッタだが、ここでは抑えた深みのある演技を見せ、新境地を開いている。

映画ファンのお楽しみは、70年代に流行ったポリス・ムービーのテイストがあること。ヒゲをはやして潜入捜査をするジェイソン・パトリックは、『セルピコ』のアル・パチーノ風。大柄のレイ・リオッタは、『フレンチ・コネクション』のジーン・ハックンが連想できる。ブルーを基調とした、荒涼としたデトロイトの風景も、70年代初期のニューヨークのようだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年5月24日
キャスト 監督ジョー・カーナハン
製作総指揮トム・クルーズ
出演ジェイソン・パトリック レイ・リオッタ
配給 UIP映画
制作国 アメリカ(2002)
上映時間 105分

TM & (C)2002 Paramount Pictures. All Rights Reserved

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「NARC/ナーク」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-01-22 09:45:19

広告を非表示にするには