めぐりあう時間たち 作品情報

めぐりあうじかんたち

3つの時、3つの人生を生きる3人の女性が、一冊の本で結びついてゆく至極のドラマ

1923年、ヴァージニア・ウルフ(ニコール・キッドマン)は夫とともに、ロンドン郊外の田舎へ移り住む。静かな暮らしのなか、ヴァージニアは新作「ダロウェイ夫人」を書き始める。1951年、ロサンゼルス。妊娠中の主婦、ローラ・ブラウン(ジュリアン・ムーア)は、夫の誕生日を祝うため、息子とともにケーキを焼く。そして2001年のニューヨーク。編集者のクラリッサ(メリル・ストリープ)は、エイズに冒された詩人の友、リチャードが、名誉ある賞を受けた記念のパーティを企画する。

「めぐりあう時間たち」の解説

本作は、ピューリッツァー賞とペン/フォークナー賞をダブル受賞した作家、マイケル・カニンガムのベストセラーを原作とする、心に響く人間ドラマ。ハリウッドの3大女優が、異なる3つの時代を生きた3人の女性を演じ、それぞれの人生が、ヴァージニア・ウルフの著書「ダロウェイ夫人」により結ばれてゆく。精神を病みながらも、自分の人生を鮮やかに生きようとしたヴァージニア・ウルフ。

家庭のためによき妻、よき母を演じ、自分を偽っていたローラ。病に冒された友人を何年も看病し、自我を抑えていたクラリッサ。人生は誰のために生きるべきなのか? 時代を越えたこのテーマは、川の流れにのって私たちのもとに届けられる。劇的な感動というよりは、静かな興奮が体をチリッと走りぬけ、深い感慨を与えてくれる。『リトル・ダンサー』以来、監督2作目となったスティーブン・ダルドリーの限りない包容力を感じる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年5月17日
キャスト 監督スティーヴン・ダルドリー
出演ニコール・キッドマン ジュリアン・ムーア メリル・ストリープ エド・ハリス トニ・コレット クレア・デインズ ジェフ・ダニエルズ
配給 アスミック・エース エンタテインメント
制作国 アメリカ(2002)
上映時間 115分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、4件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-10-31

そして深夜にFOXmoviesで視聴した本邦未公開なルーマニアの秀作映画〈不倫期限〉(ラドウー・ムンテアン監督2010)の会話の中には「めぐりあう時間たちを36回見たわよ」何て台詞が飛び出す。或る一組の夫婦の家庭の崩壊のprocessを凝視した作品は固定カメラの前の長廻しを駆使して居る。恰かもスウェーデンのイングマール・ベルイマン監督作品かイランの傑作映画〈別離〉等見たく~

最終更新日:2020-09-17 18:48:21

広告を非表示にするには