ダークネス 作品情報

だーくねす

スペインの新鋭、ジャウマ・バラゲロ監督が描く、闇に包まれたオカルト・ホラー

レジーナ(アンナ・パキン)の家族は、神経症の父、マーク(イアン・グレン)の療養のため、祖父のアルベルト(ジャンカルロ・ジャンニーニ)が暮らすスペイン郊外の町へと引っ越してきた。その日から、幼い弟、ポールが暗闇を怖がり始め、穏やかだったマークの病状にも異変が起こり始める。ある日、ポールが描いた、喉を切られた子供たちの絵を見て不安を覚えたレジーナは、この家について調べ始める。そこには、40年前に7人の子供が行方不明になった謎の事件があった。

「ダークネス」の解説

『ネイムレス 無名恐怖』で監督デビューしたスペイン人、ジャウマ・バラゲロが、2作目に作り上げたオカルト・ホラー。前作同様、オカルト儀式や見えない存在の不気味さをたっぷりと演出している。アレハンドロ・アメナーバル監督のミステリーとも比較されるが、バラゲロ流のホラーには、体にまとわりつくような薄気味悪さと、ナイフのような鋭利さがある。そして今回は、俳優たちも一流だ。

アンナ・パキンとイアン・グレンの確実な演技、レナ・オリンとジャンカルロ・ジャンニーニの存在感が、相殺されることなく引き立てられている。事件の謎がいまいちはっきりしない部分もあるが、心を落ち着かせないラストはバラゲロ監督流のホラー・センスだろう。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年3月1日
キャスト 監督・脚本ジャウマ・バラゲロ
出演アンナ・パキン レナ・オリン ジャンカルロ・ジャンニーニ イアン・グレン
配給 ギャガ=ヒューマックス
制作国 スペイン(2002)
年齢制限 PG-12

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ダークネス」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:41:26

広告を非表示にするには