フレイルティー/妄執 作品情報

ふれいるてぃーもうしゅう

名だたる監督たちが絶賛! 神の声に心をとらわれた男のサスペンス・ホラー

ダラスのFBI本部に、ひとりの男がドイル捜査官(パワーズ・ブース)を訪ねて来た。彼の名は、フェントン・ミークス(マシュー・マコノヒー)。ドイルが担当する連続殺人事件「神の手」の情報を握っている…男はそう語りだした。1979年、12歳のフェントンは母を亡くし、父と弟・アダムの3人で幸せに暮らしていた。ある日、父が血相を変え、「天使が降りて、この世に隠れる悪魔を滅ぼす使命を与えられた」と兄弟に告げる。その日から父は、「神の手」による悪魔退治にとり憑かれていく。

「フレイルティー/妄執」の解説

サスペンス・ホラーの大家、スティーブン・キングに「予測できない」と言わしめ、超一流の映画監督、ジェームス・キャメロンやサム・ライミに忘れられない恐怖を植えつけた、話題のサスペンスが登場した。それが、現実と妄想の狭間に揺れる心理ホラー『フレイルティー』。嵐の夜に突然現れる謎の男ミークスの突拍子もない話に、観客は捜査官ドイルと同様、知らず知らずのめりこんでいく。

テキサス州ダラスといえば、ディープ・サウスの真っ只中。目を見張るような特殊効果など、一切ないはずなのに、アメリカ南部独特のゆったりとしておおらかな気質が、やたらと不気味に見えてくる。そして、「神の啓示」にとり憑かれてしまった男の恐怖は、単なる古典的展開では終わらない。ありがち、と思って観ていると、思わぬ恐怖に巻き込まれることになる。見終った後で、脳に嫌~な質感がこびりつくようなサスペンスだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年11月23日
キャスト 監督・出演ビル・パクストン
出演マシュー・マコノヒー パワーズ・ブース マット・オルアリー ルーク・アスキュー ダーク・チートウッド
配給 UIP映画
制作国 アメリカ(2001)
上映時間 100分

(C)2002 by Paramount Pictures - All Rights Reserved

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「フレイルティー/妄執」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-09-20 00:01:02

広告を非表示にするには