ごめん 作品情報

ごめん

大人になりかけた小学6年生の、ちょっぴり恥ずかしくて純粋な恋の物語

大阪の小学6年生・セイ(久野雅弘)は、授業中に悪友のキンタ(佐藤翔一)にカンチョウされ思わず「お漏らし」してしまう。あわててトイレへ駆け込むが、そこでセイが見たものはおしっこではなく、オトナの「おしる」。言うことを聞かない自分の体に、セイは何だか不思議な気分だ。ある日、セイはお使いに出た京都の漬物屋でナオちゃん(櫻谷由貴花)に出会い、ひとめ惚れする。キンタたちに激を飛ばされたセイは、高まる心と体を抱え、ナオちゃんに会いに再び京都へ出かけていく。

「ごめん」の解説

まだまだ気持ちは子供なのに、体だけが勝手に大人に近づいていく…。そんな、ちょっぴり恥ずかしい気持ちの少年期を、暖かい眼で見つめた愛すべきストーリー。『非・バランス』で揺れる少女の心を描いた冨樫森監督が、小学6年生の男子の実態を大阪のノリでコミカルに表現している。

「女の子は大変なのよ」と言い張ってきた女子諸君、『ごめん』を見れば、男の子だってすいぶん大変なんだ、とわかるはず。おまけにセイは、この年頃には脅威的な「2つ年上」の中学生に恋してしまう。振られた痛み、振った痛みもジンとくるが、セイを演じる久野くんの、どことなくとぼけたような表情や困った顔が、なんともよく似合っている。誰もがきっと、微笑まずにはいられないはず。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年10月12日
キャスト 監督冨樫森
原作ひこ・田中
出演久野雅弘 國村隼 河合美智子 斎藤歩
配給 オフィス・シロウズ/メディアボックス
制作国 日本(2002)
上映時間 103分

(C)2002「ごめん」製作事業委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ごめん」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-06-03 17:51:06

広告を非表示にするには