記憶のはばたき 作品情報

きおくのはばたき

忘却の彼方に押し込められた悲しい記憶を癒す、幻のようなミステリアス・ストーリー

寄宿学校から帰郷したサム(リンドレイ・ジョイナー)は、足の不自由な幼なじみ・シルヴィ(ブルック・ハーマン)と再会する。ある夜、ダンスを抜け出し湖で語り合ううちに、サムはシルヴィの義装具をはずし水の中へと誘った。水のなかで星を見ていたサムは、ふと握っていたシルヴィの手を失う。シルヴィは二度と見つからなかった。20年後、精神分析医となったサム(ガイ・ピアース)は、父の葬儀のため故郷へ戻る列車でルビー(ヘレナ・ボナム・カーター)と名乗る女性に出会う。

「記憶のはばたき」の解説

『記憶のはばたき』は、記憶と忘却についてのミステリアスでファンタジックな物語だ。光のあふれる森、きらめく湖の水面、夜空に浮かぶ満点の星…そして、シルヴィの笑顔。少年の頃のサムの世界には、美しいものがあふれている。淡い恋心を抱き始めた頃、すべては輝いて見えた。それが「記憶」の悲しさを余計に引き立て、暗いトーンで語られる20年後のサムの姿を映し出す。

記憶を押し殺すため感情に抑制をかけたサムを、注目の個性派、ガイ・ピアースが呆然とした表情で演じ、サムの感情を解いていく謎の女性・ルビーのミステリアスな雰囲気を、実力派のヘレナ・ボナム・カーターがしっとりと演じている。シルヴィの魂が甦ったのか、それとも単なる記憶の回帰なのか…自己を取り戻すための、スピリチャルな旅へと誘ってくれるようだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年9月14日
キャスト 監督・脚本マイケル・ペトローニ
出演ガイ・ピアース ヘレナ・ボナム=カーター リンドレイ・ジョイナー ブルック・ハーマン フランク・ギャラチャー
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
制作国 オーストラリア(2001)
上映時間 101分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「記憶のはばたき」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-06-26 19:32:12

広告を非表示にするには