クラブ・バタフライ 作品情報

くらぶばたふらい

満たされない夫婦の性の絆を、スワッピングで解消する。話題を呼んだ韓国版『アイズ・ワイド・シャット』日本上陸!

保育園に通う息子がいる30代の共働き夫婦、ヒョクとキョン。経済的に不自由はないが、仕事と育児に追われる生活は単調で、夫婦生活は倦怠期を迎えていた。夜の生活もヒョクが求めると、妻のキョンは「疲れている」と拒否。気分転換に2人で旅行に行けば、今度はヒョクが…。そんな2人のところへ「クラブ・バタフライへようこそ…」という、スワッピング・サイトの案内メールが届く。2人は夫婦生活の危機を乗り越えるために、クラブに参加しようかと悩むのだが…。

「クラブ・バタフライ」の解説

派手な宣伝文句とは異なり、映画はごく普通の共働き夫婦の倦怠期を丁寧に描いている。朝、自分の着替えをしながら、子どもの着替えも同時にし、あわてて3人で車で出勤したり、飲みに行くために子どもの迎えの変更を相手の携帯に電話したり(あげくに忘れたり)と、子どもを持つ家庭にはリアルに感じるだろう。

また主人公のヒョクが会社ではさえないが優しく妻を愛する夫で、性的に満足がいかなくストレスがたまっても、フーゾクや浮気に走らないのは、実際の世の中の多数の夫を代弁しているといえよう。逆に妻のキョンは、日本で言えばややヒステリーすぎる女性という感じがする。韓国版『アイズ・ワイド・シャット』と言われるのは、秘密クラブが登場するから同じというわけではなく、悶々とはするが結局は浮気をしない夫婦という点で似ているからだろう。(R-18作品)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年9月7日
キャスト 監督キム・ジェス
出演アニータ キム・ヨンホ ユン・ドンハン キム・ヒョニ
配給 「クラブ・バタフライ」上映委員会
制作国 韓国(1990)
年齢制限 R-18
上映時間 99分

(C)2002 Club Butterfly

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「クラブ・バタフライ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:40:24

広告を非表示にするには