アバウト・ア・ボーイ 作品情報

あばうとあぼーい

38歳独身男…ヒュー・グラントがバッチリはまる、ヤワでラブリーな英国男の悠々自適な生活

ウィル・フリーマン(ヒュー・グラント)、38歳、独身、無職。父親の歌った曲が一発ヒットして、その遺産で気楽なラブ・ライフを楽しむ無責任男。後腐れないシングル・マザーをゲットするべく参加したサークルで、早速スージーといい感じに。マーカス(ニコラス・ホルト)は、情緒不安定な母・フィオナ(トニ・コレット)を心配する12歳。ある日、フィオナの友人であるスージーが、公園デートにマーカスを連れて来た。こうして出会った38歳と12歳の男子の関係は思わぬ方向へと進んでいく。

「アバウト・ア・ボーイ」の解説

ちょっと気取ったお人好しで、プライドはあるけど臆病で、見栄っ張りだけど心は優しい、そんなイギリス人男子を演じさせたらこの人以外にはいない、というヒュー・グラント。他人との関りに責任を持たないイギリス的(?)ヤサ男・ウィルを、それはもうばっちり演じている。30代女性の愛すべきパラノイアを描いた『ブリジット・ジョーンズの日記』の製作チームが、今度はオトコどもの心理をぐいぐい引き出して楽しませてくれる。

ウィルの魅力は、1コマ30分で1日をスケジュールするコントロール・フリークぶりも可笑しいけれど、気取っていてもやっぱりいいヤツ、なところ。マーカスの魅力は、イジメぬかれても大事なものを守り抜く根性。ダメ男が多い、なんていわれるイギリスだけど、こんな男子たちの愛らしさを見せられたら、微笑まずにいられない!

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年9月14日
キャスト 監督・脚本ポール・ウェイツ クリス・ウェイツ
製作ティム・ベバン エリック・フェルナー
出演ヒュー・グラント ニコラス・ホルト レイチェル・ワイズ トニ・コレット
配給 UIP映画
制作国 アメリカ=イギリス(2002)
上映時間 102分

(C)Universal Sutudios.All Rights Reserved.

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「アバウト・ア・ボーイ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:40:20

広告を非表示にするには