エントランス 作品情報

えんとらんす

死からの生還に待っていたものは、幻覚が巻き起こす更なる恐怖!純正・夏の恐怖映画

大学の新歓パーティで、元恋人のマット(ウェス・ベントレー)に言い寄られたキャシー(メリッサ・セイジミラー)は、ボーイフレンドのショーン(ケイシー・アフレック)と口論に。気まずい雰囲気で車を走らせた彼らは、突然2人組の車に追われ急カーブで崖へ転落してしまう。病院で目覚めたキャシーは、この事故でショーンが死んだことを知る。ショックも覚めないままに大学へと戻ったキャシーだが、事故の悪夢と幻覚に悩まされるうち、周囲に奇怪な出来事が起こり始める。

「エントランス」の解説

恐怖映画『スクリーム』から『ラストサマー』へと受け継がれた夏のショッキング映画が、今年もまた新しい恐怖を連れてやってきた。交通事故の幻覚と悪夢に悩まされるキャシーに、次々と降りかかる謎の現象。その謎が解かれるとき、恐怖は頂点へと達していく。注目なのはそのキャスティング。

人気俳優として前進中のケイシー・アフレックや『アメリカン・ビューティー』の難しい若者の表情が印象的だったウェス・ベントレー、脇ながらも存在感のあるルーク・ウィルソンという男優陣に、初の主演となるメリッサ・セイジミラーのフレッシュな表情やスクリームなど、目立たないけど味のある役者が勢ぞろいして、なかなかくすぐられる。幻覚か、現実か?どちらであっても消えない恐怖への緊張感が、サスペンス・ホラーの醍醐味「追いつめられる恐怖」をジリジリと演出してくれる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年7月13日
キャスト 監督・脚本スティーヴ・カーペンター
製作ニール・H・モリッツ
出演ケイシー・アフレック ウェス・ベントレー メリッサ・セイジミラー エリザ・チュシュク
配給 K2エンタテインメント
制作国 アメリカ(2001)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「エントランス」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:40:19

広告を非表示にするには