アベック・モン・マリ 作品情報

あべっくもんまり

些細なケンカが、意外な方向へ…

美都子は仕事のできる、有能な雑誌編集者。旦那のタモツは、売れないフリーカメラマン。もう結婚して3年になる。家事のできない美都子、家事はなんでもこなすタモツ、2人はうまくいっていた。しかしある日、タモツが浮気をしていると思い込み、一方的に離婚を申し入れる。些細なことから始まったこの騒動は、やがてお互いの仕事の仲間まで巻き込んで行く…。

「アベック・モン・マリ」の解説

若手映像作家の登竜門ぴあフィルム・フェスティバル、通称PFF。そこで2度の入賞経験を持つ、大谷監督の劇場映画デビュー作品。ささいな諍いから離婚にまで発展する様をもう一組の夫婦を巻き込んで複雑化していく四角関係をナチュラルでいて、生々しい会話劇スタイルで面白おかしく描いている。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・脚本大谷健太郎
出演板谷由夏 小林宏史 辻香緒里 大杉漣 寺島まゆみ
制作国 日本(1999)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「アベック・モン・マリ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-02-14 17:11:22

広告を非表示にするには