ネバーエンディング・ストーリー 作品情報

ねばーえんでぃんぐすとーりー

不思議な本を開けば、そこはおとぎの国。ミヒャエル・エンデの小説を幻想的に映画化

いじめられっ子のバスティアンは、ある日、古本屋で一冊の本“ネバー・エンディング・ストーリー”に出会う。彼は本を読み進むうちに、不思議な現象にとらわれる。本の中で起こっていることが、実際に起こっているように感覚を感じるのだ。おとぎの国、ファンタージェンに迫る“無”の脅威を描かれたその本の中では、国を救おうとする青年アトレーユが、バスティアンに協力を求めてくる。果たして彼らはファンタージェンを救うことが出来るのだろうか?

「ネバーエンディング・ストーリー」の解説

ミヒャエル・エンデのファンタジー小説を、『Uボート』『パーフェクトストーム』のドイツ人監督、ウォルフガング・ペーターゼンが見事に映画化。ハリウッドでは味わえない素朴なSFXやマペットなど、鮮明で幻想的な映像美で魅せる本作は、本国西ドイツを始め、アメリカ、日本でも大ヒットした。また数々の親しみやすいクリーチャーたちは秀逸。中でも犬の顔をしたドラゴン、“ファルコン”は作品自体のマスコット的役割を果たした。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督ウォルフガング・ペーターゼン
出演ノア・ハサウェイ バレット・オリヴァー タミー・ストロナッハ モーゼス・ガン パトリシア・ヘイズ
制作国 西ドイツ=イギリス(1984)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ネバーエンディング・ストーリー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-10-01 00:01:08

広告を非表示にするには