およう 作品情報

およう

日本の天才画家・竹久夢二に愛されたモデル「およう」と、彼女をとりまく画家たちの数奇な運命

寒々しい秋田を離れ、母と東京へやってきた少女・お兼(渋谷亜希)は、美大の裸婦モデルをしている。美術家・藤島武二のモデルをしていた頃、お兼を見た責め絵師の伊藤晴雨(竹中直人)は彼女をモデルとして迎え愛するようになる。3年の月日が流れ、美人画家・竹久夢二(熊川哲也)は最愛のモデル・彦乃の死に打ちひしがれていた。偶然見かけたお兼に強烈に惹かれた夢二は彼女をモデルに迎える。「お葉」という新しい名を与え、夢二の美人画は開花していくが…。

「およう」の解説

大正のロマンを感じさせる竹久夢二の美人画に心引かれる人は多いだろうが、そのモデルとなった女性の姿を知る人は少ないだろう。夢二の描いた美人・おようは、数々の男性と浮名を流しモデルとして自分の人生を切り開いていった女・佐々木カネヨであった。「女」を描く画家達が、自分の絵の中にモデルを生かし、愛していく様子が時に妖艶に、時に清純に語られる。

夢二を演じるのは世界のバレエ界のプリンス・熊川哲也。狂気をも隠し持ったしなやかな身のこなしが夢二の叙情性にぴったりだ。一方、対照的な伊藤晴雨は外道ぶりもコミカルな竹中直人が演じている。2人の正反対な画家がひとりの女に見出した情熱と芸術性を垣間見ることができる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年5月11日
キャスト 監督関本郁夫
原作団鬼六
出演熊川哲也 渋谷亜希 竹中直人
配給 松竹
制作国 日本(2002)
上映時間 119分

(C)2002およう製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「およう」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:39:47

広告を非表示にするには