グローウィン・グローウィン 作品情報

ぐろーうぃんぐろーうぃん

現代を生きる若者たちが迷い探る自由な人生の選択肢に、道徳・倫理の姿を問う問題作。

志村公宣(戸田昌弘)、25歳。結婚を考えていた彼女に遊ばれていたことを知り、逆上した勢いで彼女を絞殺してしまう。放心状態でパソコンに向かい、故郷の後輩・純(村島リョウ)にメールを打つ。「明日、帰ります」。23歳の気弱な純は、まだ仲間からイジメを受けている。公宣は純に、インターネットで見つけた集団自殺の会に参加することを告げ、一緒に「自由」になろう、と持ちかける。そして2人は、自殺が行われる海辺の街を目指して自転車を走らせた…。

「グローウィン・グローウィン」の解説

自殺というのは例外なく、徹底的にネガティブで心持ちの悪い行動だ。前向きでありえないはずのテーマがこの物語ではなぜか、暗さよりも死を選ぶ行動そのものへの衝撃が大きい。撮影当時、堀江慶監督は若干22歳。「まったく新しい倫理観を描いた」という監督が「自由」の意味を問う作品だ。

いじめられ、世の中に必要とされないことに諦めを感じている純。自殺したい訳じゃなく、ただ、自分をさいなむ世の中から自由になりたかっただけだった。そして公宣は、本当は決して自殺で自由が得られないことを知っている。どんな場合でも自殺は間違っている。けれど、人生を選び取る自由のなかで、純のように世の中と関わりを保てない者が死を選び取ることは間違いなのかどうか問われた時、やっぱり間違ってる、と答えながらも小さな痛みを感じずにはいられない。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年3月30日
キャスト 監督堀江慶
出演戸田昌弘 村島リョウ 三輪明日美
配給 アースライズ
制作国 日本(2002)
上映時間 92分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「グローウィン・グローウィン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:39:36

広告を非表示にするには