モル 作品情報

もる

これを見ればオンナが解る…。

ゆかり(タナダユキ)は役者を目指す25歳。生活のため、毎日美術モデルのバイトをこなす。激しい腹痛とともに生理になったある日、ゆかりは街で今にも飛び降りようとしている自殺者と目が合ってしまう。それから1年以上、毎回生理のたびに自殺者と目が合い高熱を出すゆかりは、座薬で熱を下げ続けている。ある日やってきたドラマのオーディション。年齢的に限界を感じるゆかりはこれが最後と気合を入れるが、そんな日にまたしても自殺者を目撃してしまう。

「モル」の解説

女の子が月に一度、どうしてもブルーになる1週間。ただでさえ「ウザイ」のに、ゆかりはそんな時さらにダメダメ男を目撃してしまうという悲惨な子。それをポンポン飛び出す大阪弁で思いっきりぶっとばしてしまうような、とても愉快・痛快な物語だ。彼氏の暴力には数倍がえし、不合格のオーディションにもへこたれず、カップ麺をがっついて吹き飛ばすゆかり。

でも本当は、不器用な自分に落ち込んだりへこんだり。「オンナにはな、生理っちゅーモンがあるねん」。どんなに嫌でも止められない、それを女の子は毎月乗り越えて生きている! うまくいかないだらけなのが人生なら、いっそ「コノヤロー!」って叫んですっきりしよう。そんなパワフルな動力に満ちた一本だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年3月16日
キャスト 監督・脚本・出演タナダユキ
出演石川貴子 岩波才靖
配給 レモンティー★ピクチャーズ/ぴあ
制作国 日本(2000)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「モル」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:39:30

広告を非表示にするには