アンジェラの灰 作品情報

あんじぇらのはい

飲んだくれの父、じっと耐える母、フランク少年と幼い弟たち。30年代のアイルランドに生きた、ある少年の過酷な記録

世界中が不況にあえぐ1930年代。未来を夢見てアイルランドからNYへ渡ったマラキとアンジェラは結婚し、フランク、マラキジュニア、双子のオリバー、ユージーン、マーガレットの5人の子どもに恵まれる。しかし父親に仕事の口はなく、わずかな失業手当も酒につぎ込んでしまう始末。そんな満足な食事もできない生活のなか、マーガレットが死んでしまう。打ちひしがれた家族はアンジェラの実家を頼ってアイルランドに戻るが、家族の仕打ちは冷たい。食べるものもなく、双子の弟たちも次々に死ぬ。愛する子どもたちのために、母親はプライドを捨てて教会で施しを受けるが、父親はますます酒に溺れていくのだった。

「アンジェラの灰」の解説

自らの貧しいアイルランドでの少年時代を綴った、ピュリッツァー賞受賞のフランク・マコートの同名ベストセラーノンフィクション小説を、『エビータ』のアラン・パーカー監督が映画化。映画ではフランク少年がアメリカに旅立つまでを描く。でもこの物語は続きが。81年に母のアンジェラがこの世を去り、フランクと弟のマラキはその遺灰を故郷アイルランドに持ち帰った。これがタイトルの由来である。

伊達者で、道に落ちた炭を拾うことさえしないプライドばかりが高い父親をロバート・カーライルが絶妙に演じる。現実の情けなさに耐えられず酒に溺れる彼を、それでも愛する母親のエミリー・ワトソンもさすがの演技。月明かりに照らされ、フランクと弟の姿がシルエットで浮かび上がるラスト・シーンが美しい。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督アラン・パーカー
出演ロバート・カーライル エミリー・ワトソン
配給 アスミック・エース エンタテインメント
制作国 アメリカ=アイルランド(1999)
上映時間 145分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「グスタフ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2019-09-30

1930年代のアイルランドを舞台に、極貧生活でも常に前向きに生きる少年の直向きな姿を描いたアラン・パーカーの力作。アイルランドの貧しい時代を描いた作品は多いが、このパーカーの演出ほどリアリティーを感じられるものはない。堅実な仕事に勤しむことが出来ない父の無収入の所為で、子育てに追われ精神的肉体的に限界を超える母親が哀れ極まりない。主人公の母に対する愛情が唯一の救いだが、親戚の家に間借りする状況での母の不貞に、愛情の裏返しで厳しいものになるところが見事な表現。進学を諦め郵便配達の仕事に従事するエピソードは、ユーモアと適度のセンチメンタルで描かれ、微笑ましい青春スケッチになっている。
エミリー・ワトソン、ロバート・カーライル地味ながら感情を抑えたいい演技をみせる。主人公フランクを演じた子役含む三人の配役もすべて良く、パーカーの演出の上手さを再確認する。

最終更新日:2020-11-25 11:15:23

広告を非表示にするには