少女たちの遺言 作品情報

しょうじょたちのゆいごん

ずっと一緒にいたい…。同性愛の女子高校生の孤独な純愛が引き起こした、学園の怪談。

女子高生のミナ(キム・ミンソン)は、ある朝校庭で赤い表紙のノートを見つける。それは、同じ女子高に通うヒョシン(パク・イェジン)とシウン(イ・ヨンジン)の愛の交換日記だった。レズビアンと噂されながらも臆することなくシウンに接していたヒョシンだったが、みんなの前でキスされたシオンは彼女を避けるようになる。ミナが日記を拾った日、シオンに突き放されたヒョシンは学校の屋上から飛び降りた。そして、彼女たちの心を理解し始めていたミナに異変が起こりだす…。

「少女たちの遺言」の解説

夕暮れの屋上、ヒョシンとシオンが遊ぶ。ただカメラが遠くからふたりを映すだけの、ダイアログもないシーン。そんな場面にふと、ああ、高校時代ってこんな時間が一番大切だった、と思い返す。この映画は、自殺したヒョシンの姿が現れ学校中で怪奇現象が起こるホラーだけれど、そこに語られるのは怪談ではなく、女子高校生の真実の姿、等身大の姿だ。

同性愛や教師との確執、幼すぎる同級生たちの無意味で残酷ないじめ…。そんな現実の中で、少女として死にたい、その死を記憶されたい、というヒョシンのセリフが悲しいくらいに刹那的で、ひどく心を揺さぶられる。記憶すべきは彼女の死なのか?それとも死んだのは、純粋すぎて突っ走った心なのかもしれない。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年12月15日
キャスト 監督・脚本キム・テヨン ミン・ギュドン
出演パク・イェジン イ・ヨンジン キム・ミンソン
配給 オンリー・ハーツ
制作国 韓国(1999)
上映時間 97分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「少女たちの遺言」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:38:48

広告を非表示にするには