宮廷料理人ヴァテール 作品情報

きゅうていりょうりにんぶぁてーる

17世紀フランス。伝説の料理人が繰り広げた歴史に残る大饗宴料理もセットも俳優も超ド級の絢爛豪華。

宮廷料理人ヴァテールのイメージ画像1

1671年4月10日。コンデ大公(ジュリアン・グラヴァー)にルイ14世(ジュリアン・サンズ)の臣下、ローザン侯爵(ティム・ロス)から一通の手紙が届く。手紙には、コンデ大公の居城シャンティイ城に3日間、国王が訪問する旨が記されていた。重職から外され年老いたコンデ大公は、莫大な借金も厭わずに饗宴を主催し、国王の信頼を取戻さなければならない。この饗宴をたくされたのは一人の料理人フランソワ・ヴァテール(ジェラール・ドパルデュー)。伝説の天才料理人だった。

「宮廷料理人ヴァテール」の解説

監督は『ミッション』のローランド・ジョフィ。主役は17世紀のフランス料理だ。大自然の恵みと太陽の栄光、水の饗宴、氷の饗宴。3日にわたる大饗宴の陰には愛と欲望と陰謀が交錯する。一国の運命をかけた饗宴の行方は? 宴で出会った美しい女性アンヌ(ユマ・サーマン)との恋は? さまざまな要素が世紀の饗宴を彩る、絢爛豪華な作品である。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2000年11月4日
キャスト 監督ローランド・ジョフィ
出演ジェラール・ドパルデュー ユマ・サーマン ティム・ロス ジュリアン・サンズ
配給 日本ヘラルド映画
制作国 フランス=イギリス(2000)
上映時間 118分

(C)2000 Gaumont / TF1 Films Production (France)/ Timothy Burrill Productions Limited (Royaume-Uni)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-03-06

本ローランド・ジョフイ監督が名producerパットナムとタッグを組んで出来た作品が「キリング・フィールド」に続く映画「ミッション」だ。クリス・メンゲスのカメラワークに誘われ南米アマゾン奥地での基督教布教史の一齣が紡がれるカンヌ国際映画祭パルムドール賞授賞作品

最終更新日:2019-03-11 16:00:09

広告を非表示にするには