キャッツ&ドッグス 作品情報

きゃっつあんどどっぐす

やっぱり猫は悪者?!『マトリックス』も真っ青の忍者キャッツのアクションにビックリ!?

のどかな住宅街で密かな戦いが繰り広げられていた!それはブロディー教授(ジェフ・ゴールドブラム)が研究中の犬アレルギー向けの新薬開発を阻止しようとする邪悪猫、ペルシャのミスター・ティンクルズ軍団と、それを守ろうとする犬の秘密諜報組織のエージェント犬、シェパードのブッチ率いるグループとの激しい戦いだった。猫に邪魔されず、なんとか新薬を完成させるため、犬達は新たなエージェント犬ビーグルの子犬ルーをブロディー宅に送り込むが...?!

「キャッツ&ドッグス」の解説

人間の中でも犬派と猫派に分かれるペット事情。そんなオーナー達を熱くするとんでもない動物アクションが登場した。そのタイトルの付け方でも、猫が先か、犬が先かで、問題になったほど。この作品の見どころとなるのは『ドクタードリトル』のように最先端のアニマトロニクスを駆使し、動物達に言葉を喋らせるだけでなく、なんと犬や猫がコンピュータを操り、パラシュートで落下したり、忍者顔負けの激しいアクションまでやってのける!

本物の動物達とアニマトロニクス、VFXを巧みに使いあわせることで、犬や猫達が人間ばりに知能を持ってしまっている。こんな凄い発想の作品を映像化してしまったのは一流チームによる神業のお陰。ストーリー的には在り来たりの内容なので、少々飽きるところもあるが、犬や猫のコメディアンぶりは笑えるので目を瞑って免じて欲しい。それと犬や猫のボイスアクターも意外な面々。ビーグル犬ルーには『サイダー・ハウス・ルール』のトビー・マグワイア、シェパード犬ブッチには『パール・ハーバー』にも出演しているアレック・ボールドウィン、やさしい野良犬アイビーにはスーザン・サランドン、シープドッグのサムには『グリーン・マイル』のマイケル・クラーク・ダンカン、さらに犬の諜報部、最高司令官マスチフにチャールストン・ヘストンと豪華だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年10月20日
キャスト 監督ローレンス・グーターマン
出演ジェフ・ゴールドブラム エリザベス・パーキンス アレクサンダー・ポラック
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 アメリカ(2001)
上映時間 87分

(c)2001 Warner Bros.All Rights Reserved

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「キャッツ&ドッグス」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-04-19 13:32:35

広告を非表示にするには