タイタニック 作品情報

たいたにっく

タイタニック号の悲劇をジェームズ・キャメロン監督が描く

タイタニックのイメージ画像1

1912年4月10日、豪華客船タイタニック号が、イギリスからニューヨークへ向けて出航した。成功を夢見る画家志望のジャックは、出航間際にチケット入手しタイタニック号に乗り込む。そこでジャックは、婚約者のいる名家の娘・ローズと出会い、許されぬ恋に落ちた。幸せな時を過ごす2人だったが、14日深夜、タイタニック号が氷山に激突、浸水し徐々に沈没していく船の中で人々はパニックに陥っていった。そんな中、ジャックとローズは、互いに励まし合い生き抜こうと決意するが…。

「タイタニック」の解説

世界的規模で大ヒットした、ラブストーリー。3時間を越す作品にもかかわらず、興行記録を塗り替えた。監督のジェームズ・キャメロンは、ほぼ実寸大のタイタニック号を撮影所に再現し、人々がパニックに陥っていく様子を、迫力ある映像で描ききった。製作費2億ドルをかけたこの作品は、その年のアカデミー賞11部門を受賞し、ほぼ独占状態だった。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・脚本ジェームズ・キャメロン
出演レオナルド・ディカプリオ ケイト・ウインスレット ビリー・ゼイン
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(1997)
上映時間 194分
公式サイト http://www.foxjapan.com/titanic/

(C)1997 Twentieth Century Fox Film Corporation and Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.75点★★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-26

そして本編は単なる豪華客船タイタニック号の一悲劇の物語では決して無くて、残酷な迄の現代社会の縮図、或いは其の渦中で生きる二人の永遠の愛の物語であった…。午前十時の映画祭のみんなの声にも書かれていたが台詞の一つ一つが実に印象に残るー。マストでの空飛ぶ様な二人の愛の高揚感は映画の歴史に刻まれる事だろう、ジャン・コクトー演出の映画「美女と野獣」のラストやチャゼル監督作品「ラ・ラ・ランド」のグリフィス天文台のプラネタリウムのシーン宜しく?????


レビューを投稿する

「タイタニック」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-19 13:16:32

広告を非表示にするには