バレット・オブ・ラブ 作品情報

ばれっとおぶらぶ

香港四天王の一人、レオン・ライが瀬戸朝香とラブアクションに挑戦!香港を舞台に愛に傷ついた刑事の悲しすぎる運命を描いたハードボイルドサスペンス

香港特殊警察のサム(レオン・ライ)は、長年マークしていた武器麻薬密売犯罪組織のリーダー、ナイト(テレンス・イン)を捕らえることに成功。検事であるサムの恋人、アン(瀬戸朝香)の手により、なんとか禁固5年の刑にするが、ナイトの手先により、休暇中のパリでアンは銃弾に倒れてしまう。二年後、愛する人を失った悲しみから抜け出せずに、漁村で暮らすサムの前に、アンそっくりの日本人カメラマンが現れたのだった...!?

「バレット・オブ・ラブ」の解説

レスリー・チャン、アンディ・ラウを始め、香港のスターが日本人女優と共演する作品が急増している中、とうとう『天使の涙』のレオン・ライが日本人女優と共演!相手役には主にドラマで活躍している女優、瀬戸朝香が選ばれた。レオン・ライといえば、アンディ・ラウ、ジャッキー・チュン、アーロン・クォックとともに香港四天王と言われた大スター。歌に映画に活躍する彼は、ここ最近は『ラヴソング』や『ひとめ惚れ』など、立続けにラブストーリーに出ていたのでアクションは久々。甘いマスクと長身を持ち優し気な印象を与えるレオン・ライが、愛に傷ついた刑事を繊細に演じている。一方の瀬戸朝香は初の海外映画出演ながら、堂々とした演技を披露、一人二役に挑戦したり、銃を構えアクションにもチャレンジ、多少ながら英語と広東語も披露している。

香港映画にありがちな、多少大げさで、無理矢理つじつまを合わせたという展開はいたしかたないが、激しい銃撃戦と切ないラブストーリーが導入された切れのあるストーリーは『欲望の街 古惑仔/銅羅湾の疾風』などを手掛けたアクション監督アンドリュー・ラウならでは。オープニングのビルからの狙い撃ちシーンなど、ところどころで印象的に使われているスタイリッシュな映像テクニックも必見だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年11月3日
キャスト 監督アンドリュー・ラウ
出演レオン・ライ 瀬戸朝香 テレンス・イン
配給 ギャガ=ヒューマックス
制作国 香港(2001)
上映時間 105分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「バレット・オブ・ラブ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:38:28

広告を非表示にするには