ザ・ミッション/非情の掟 作品情報

ざみっしょんひじょうのおきて

香港ノワール健在!5人のボディーガードの友情と絆をどこまでもクールに描く

何者かに命を狙われた黒社会のボス、ブン(コウ・ホン)を守るために雇われた元殺し屋グァイ(アンソニー・ウォン)、銃のエキスパート、フェイ(ラム・シュー)、以前はスゴ腕狙撃手だったマイク(ロイ・チョン)、そして現役の殺し屋ロイ(フランシス・ン)と彼の弟分、シン(ジャッキー・ロイ)の5人。そんな彼等が与えられたミッション(任務)は、ブンを命の限り守り、真犯人を割り出すこと。最初はお互い干渉しないようにしていた5人だったが、やがて、固い絆で結ばれていくのだった…。

「ザ・ミッション/非情の掟」の解説

かつてチョウ・ユンファ出演、ジョン・ウー監督の『男たちの挽歌』の大ヒットで産まれた言葉“香港ノワール”がまだまだ健在だということを実感する傑作!そしてこの映画に携わっているスタッフ、キャストもまさにプロフェッショナルの集まり。監督は『ロンゲストナイト』『ヒーロー・ネバー・ダイ』などハードボイルド・アクションを撮らせたら、今の香港映画界の中ではピカ一とも言えるジョニー・トー。そして『ハードボイルド 新・男たちの挽歌』のアンソニー・ウォン、『欲望の街 古惑仔1』のフランシス・ン、『食神』のラム・シュー、『風雲 ストームライダース』のロイ・チョン、さらに『ワイルド・ブリット』のサイモン・ヤムなどが顔を揃えているのも香港映画ファンにはたまらないハズ。

よけいなセリフは無く、ボスを狙う殺し屋達との閉店後のデパートでの銃撃シーンでは、5人が無言のチームワークでそれぞれの役割を果たす。また、ボスをビルのオフィスで待つ際に暇つぶしで、紙クズを使ってサッカーのようにボールを繋いでいくシーンは5人の関係が近くなっていることを見てとれる。飛び抜けたスターを使わずともクセのある役者を使ったことで、表情や行動だけでも十分に思いが伝わるということを証明してくれる本作を見れば、ひと皮向けたクールな男になって劇場を後にするだろう!?

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年9月1日
キャスト 監督ジョニー・トー
出演アンソニー・ウォン フランシス・ン
配給 ヤン・エンタープライズ
制作国 香港(2000)
上映時間 81分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ザ・ミッション/非情の掟」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:37:50

広告を非表示にするには