ディボーシング・ジャック 作品情報

でぃぼーしんぐじゃっく

北アイルランド発!シニカルかつウィットに富んだベストセラーが堂々映画化!政治の不安定もユーモアでぶっ飛ばせ!

二流タブロイド紙でコラムを書いているダン(デヴィッド・シューリス)は、皮肉屋の飲んだくれ。いわゆるダメ男だ。そんなダンは、ある日知り合った女子大生に手を出してしまう。彼女の部屋に転がり込もうとするのだが、何と彼女は部屋で血まみれになって死んでいた!「ディボーシング・ジャック」という意味深なメッセージを残して。何とか真犯人を見つけようとするのだが、なぜか次々に事件に巻き込まれ、その容疑者として追われてしまうのだった。

「ディボーシング・ジャック」の解説

北アイルランドでベストセラーになった人気作家コリン・ベイトマンの実話的小説の映画化。何かと政治的に不安定な北アイルランドで、初めて商業的に成功した映画なのである。劇中でも、その政治状況を皮肉たっぷりに笑いに変えて、痛快なエンタテインメントになっている。全編、シニカルなジョークや、ダブルミーニングで裏の意味を含んだ会話が連発、結構とらえ方によってはシリアスで笑えないのでは…というところもあるが、あくまで娯楽作に仕上がっているので心配御無用。デヴィッド・シューリスやレイチェル・グリフィスを始めとする俳優陣の濃いー演技にも圧倒されて、まさに抱腹絶倒・痛快無比といった感じなのだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年6月16日
キャスト 監督デヴィッド・キャフリー
出演デヴィッド・シューリス レイチェル・グリフィス
配給 アット エンタテインメント
制作国 イギリス(北アイルランド)(1998)
上映時間 110分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ディボーシング・ジャック」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:37:46

広告を非表示にするには